<< 満天らーめん | main | つけそばぢゃぶ屋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

中華麺ふくろう

追悼。
中華麺ふくろう。
名も知らぬ店主様、本当に残念でなりません。
あれほどの中華麺を出すお店が閉店とは・・・(涙)

お店があった場所は、世田谷線松陰神社駅から徒歩数分。
世田谷通り沿いのビルの一階でした。

私が中華麺ふくろうと出会ったのは多分2000年末。
中華麺ふくろうがオープンしてからちょうど一年を迎えるかどうかの頃。

初めて入店した時の感想は、「ちょっとこ洒落たお店だなぁ・・・大丈夫かな?」と。
店内はコの字のカウンター。およそ10席。
間接照明で店内は薄暗く、BGMはボサノバ。
ふくろうの置物などが可愛い。
そして、魚介系の香りが一面に広がっている。

当時は店主が麺を作り、もう一人の従業員が接客担当をしていました。
どちらも接客が苦手のような気配ではあるが、真面目な感じを受ける。

メニューは、中華麺・つけ麺・チャーシュー麺・たまご・メンマと記憶している。

永福町系のお店は餃子が無いのにも関わらず、席に醤油・お酢・ラー油がおいてある。これはどういった理由なのでしょうか?

行き着いた先は、注文すると別皿で出されるメンマに醤油やラー油を使うという事。これが結構旨い。
お酢については、麺に入れる人多いですよね。

最初に食したのはもちろん中華麺。

注文を受けると店主はまずドンブリを温める。丁寧だ。
時期によってはチャーシューなども暖めてくれていた事がある。
そして麺が茹で上がり湯切りの際、これまた丁寧。
丁寧な仕事に好感が持てる。

そして永福町系によくある大きなドンブリで出されるそれは、もう芸術品の域。

琥珀色のような綺麗なスープに浅草開化楼の中細麺が泳ぐ。
そしてネギ・チャーシュー・メンマ・海苔・ナルト、そしてうっすらとラード。

食べた瞬間、度肝を抜かされましたよ。全てが絶妙。芸術品。
今時人気なダブルスープとはまったく違う。昔の中華麺ともまったく違う。
煮干し中心の魚介に豚骨を加えるスープだが、煮干しのえぐさなどはまったく無く、豚骨も豚骨と感じられない。
シンプルながら奥深い味。

「これが俺の求めていた究極の味だ!!」

と、思ったぐらい。
ラーメンを超えている味。

なんというか・・・、
超高級鉄板焼のお店でシェフとの一対一。
食の真剣勝負。
そんな感じに近い。

つけ麺では浅草開化楼の美味しい麺を堪能出来る。
つけだれは少し甘めのある酸味のきいた濃いめ味。
たまごが半身入っている。

ちなみにこのたまごがまた絶妙。
味付け具合・半熟具合。
思い出すだけでよだれが出ます。

つけ麺を食した後には、まるでそば屋のような赤い器で出されるスープ割り。
このスープ割りの汁、いわゆるスープの出汁ですが、これだけで呑んでも旨いのです。


そして私は週に数回。場合によっては一日二食を中華麺ふくろうで食す日々が始まりました。
太ることも気にせずに。

途中、さすがに顔を覚えられ、形が悪くてお客様に出せないたまごをサービスして頂いたり、極希に、他のお客様がいないときに少し話をしてみたり。
そこでは永福町系の謎などを教えてくれたり、実はお喋り好きな店主さん。

途中、煮干しが取れない時期があり、それの影響を受けて味が出せずに営業が出来ない時期もありました。
その後、若干何かを変更して営業するも、遂に2004年末に閉店を迎えました。

店主様、どうかまた再出発する事を期待しております。
その際は是非、frankblack@gmail.com
に御連絡を!!


■関連すると思われるリンク
http://lonlon-world.net/archives/cat_731796.html
posted by: M | 東京/世田谷 | 10:04 | comments(10) | trackbacks(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:04 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |
コメント
 
2005/02/23 3:53 PM
Posted by: 月子
ふくろうさ〜ん!なんで、なんでなくなっちゃったの...妊娠出産を経て、やっと行かれる!と意気勇んで行ったのに、ヘンな(失礼!)店に変わっていた...私もあの店主さんには好感を持っていたし味はやっと見付けた、って実感していたのに。。。
どこかでまた始めますよね、お願いっ。。。
このショックからはしばらく立ち直れそうにありません。。。
2005/02/23 4:27 PM
Posted by: m
月子さん、コメント有り難うございます。
やっと行かれる事が出来たのに本当に残念ですね(涙)
私も閉店を知った後、本当にショックでした。
あれほどの中華麺を作る店主なのですから、なんとかまた新しく復帰して頂きたいものです・・・。
2005/03/14 10:46 PM
Posted by: owl
本当に残念です。
また行こうと思っていた矢先になくなっていました。
どこかで再出発しているようでしたら是非教えてください!
2005/03/16 11:59 PM
Posted by: かとやん
わたしは、ふくろうの大ファンで、仕事帰り、やっていれば必ず食べて帰っていました。
閉店と知った時はかなりのショックで、死にそうなくらい・・がっかりしました。
将来、この店で修行をしようとたくらんでいたくらいなんですが・・・。
必ず必ず、どこかで復帰されることを、心より念願します。最初の頃、女性の方がいて、奥様なのかと思いましたが、出産かなんかでいなくなった後、一時一人でやっていました。あるとき店に入ると、一人だけ客がいて、おもむろにここで修行させてくれと。そこに居合わせた私はびっくり。店主は明日から来て、と、その方が早速自習から店員さんになっていて。うらやましい限りでした。その方も、閉店とはキッと残念だったと思います。
2005/03/17 2:13 AM
Posted by: m
中華麺ふくろうを愛する皆様、コメントありがとうございます。

>>owlさん
店主はネットを結構使っていたとの噂がありましたので、どうにかここにたどり着いていただいて、近況等々メールで頂戴できることを夢見ています^^

>>かとやんさん
私も本当にカナリのショックでした。お気持ち、痛い程解ります。
そして、私も修行させていただきたかった。ほんのちょっとの勇気が無かった自分が恥ずかしいです(^^;

店主の他に2名の男性がいらっしゃいましたよね?
どちらかというと昔からいた1人のかたは、厨房での話し振りを見る限り店主と友達か何かなのかな?と思っておりました。
もういっぽうのどちらかというと若い感じのするかたの方でしょうか?

店員さんも今何をされていらっしゃるんでしょうか・・・。
2005/05/02 5:48 PM
Posted by: ふくろうギレ
ふくろうの亡き後、オープンした店に勇気を出して行ってきました。人が変ると、空間ってこんなにも変るんだと驚きました。あのひっそりと静かな雰囲気が懐かしい!
そしてあの味!
一体、何があったの?
うーーーー、早く、帰ってきてください。
2005/05/05 7:57 AM
Posted by: M
ふくろうギレさん、コメント有り難うございます。

そうそう!あの空間!
あの空間が私も好きでした♪
ひっそりと静かで気取っているわけでも無いあの空間・・・。
懐かしいなぁ・・・。
2008/06/05 6:49 PM
Posted by: ふくろう
三軒茶屋に復活!
2008/06/05 6:57 PM
Posted by: M
情報ありがとうございます!ご存じでしたら場所の詳細を教えていただけませんでしょうか!よろしくお願い致します!
2008/06/06 10:32 PM
Posted by: M
いってきました!

http://japan.jugem.jp/?eid=318









トラックバック
 
http://japan.jugem.cc/trackback/86
 
2005/04/28 5:21 PM
Posted by: 麺
赤とんぼ
赤とんぼ。 港区赤坂4-11-6 プティ赤坂1F 営業時間:平日11:00〜14:30 17:00〜スープ次第 土曜日 11:00〜スープ次第(16時まで) 日曜祭日休み 2005年は4/29〜5/5までGWお休み。 赤坂の赤とんぼ。 場所は赤坂駅から5分ぐらい。 TBSの裏のほうです。一ツ木公